【大学受験数学】検算の時間がないんです

この記事は2分で読めます

「テストの時は、いちばん最後に検算をするように」

小学校や中学校の数学(算数)の時間によく言われたものです。

でも、大学受験の本番を経験した人や、高校生で模擬テストを受けた人からは、

「とてもじゃないけど、時間なんか余んないです」

という切実な声を聞かされます。

では実際のところ、どうすればいいのでしょう?

国立大学の2次試験の数学の配点は、1問50点にもなることもあります。

数学が1問解けないと、英語の英文解釈まるまる1問分が「パーになる」という勘定です。

それでも解けない場合には、どうしようもないのですが、せっかく考え方が合っていたのに、最初の方の計算間違いがたたってしまって、最初の立式だけの部分点にとどまり、あとはまるまる失点。

本来なら50点とれるはずだったのに、10点しか部分点がもらえなかった、というのはよくある話です。

でも、他の問題も解かなければいけないし、検算なんてしている余裕は全くありません。

どうすればいいのでしょう?

「正解」というものはないのかもしれませんが、私が学生の頃に意識的にやっていたのは、

「計算をしながら、(理想的には)1行ごとに検算をしていく」

というものでした。

確かに時間はかかるのですが、50点取れる問題ではきっちり50点取らなくてはいけません。

国立大の2次試験レベルになると、全問解けるというのは「まれ」です。

赤本などの書評にも

「全部で4問中、2問半解ければ合格でしょう」

などというコメントが載っていたりします。

予備校生と話をしている際には、

「この問題は【捨て問題】だね」

などという会話も飛び交うこともあります。

※【捨て問題】=とても難しい問題だから、受験生はこの問題は解かなくても大丈夫という問題

従って、

「計算をしながら、(理想的には)1行ごとに検算をしていく」

方法が、現実的な検算ということになってきます。

でも、模擬試験の時や本番の時だけこの方法をやろうとしても、普段からやっていないと、「いざ」という時にはできないものです。

そのため、この1行ずつの検算法は、普段の勉強時から意識的に行っていく必要があります。

これまでやったことのないことをやっていくので、初めのうちは時間がかかりますが、1ヶ月もやっていると、コツとうか、「ああ、こんな風にやればいいのか」というのが分かってくると思います。

この位になれば、あとはスラスラと鉛筆も進んでいってくれます。

大学受験で数学のある人は、検算に関する、小・中学校時代の常識をリセットして、新しいステージで勝負していけるようにしていきましょう!

【多賀城市・大学受験専門塾】
YST進学研究会
022-366-9415
http://yst-juku.com/daigaku02/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

週1回の通塾で中間・期末50点アップも!
クラス1番の生徒の勉強法とは・・・・



授業風景・勉強方法・公立高校入試情報などを随時更新しています



①弱点を出来るまでやるので、テストでスラスラ解けた! (塩釜二中生)
②毎日の習い事もやめずに、テスト勉強が出来た!(多賀城二中生)
③塾に通ってからは、勉強が楽しくなりました。(塩釜三中生)




学力を上げるコツを、あなたにこっそり教えます。





塾に入る前は、定期テストで300点いけば良かった私が、中2の時塾に入り400点台を取ることができるようになりました。3年生になってからも、その点数を維持することができ、希望していた高校に入ることができました。(仙台高校合格:玉川中生)




大門:生徒たちの指導では、どのようなことを重視されているのでしょうか。

中鉢:「人が人を育てる」をモットーに、子どもたちの自主性を重んじるよう心がけています・・・


【合格実績・高校受験[3年分]】
宮城第一, 仙台高専(情報システム), 宮城野(普), 自衛隊高等工科学校, 多賀城(普), 仙台(普), 仙台工(土木), 利府(スポーツ), 塩釜(普), 塩釜(ビ), 松島(普), 他
会社概要
プライバシー・ポリシー


(株)YST進学研究会
〒985-0835
宮城県多賀城市下馬3丁目2番13号

電 話:022-366-9415
FAX:022-385-5849
[16:00~21:30]
日祝休