中1・中2、新人大会と中間考査|多賀城市の塾

この記事は1分で読めます

夏休みが終わり、休み明けの実力テストも終わって、1週間が過ぎました。

学校生活が通常モードになったこともあり、中1・中2生は今月下旬の新人大会に向けて、部活動に頑張っていることと思います。

特に中2生は、上級生が引退したことで、部活動を引っ張っていく学年になりましたので、中総体前に比べると、「気合いの入り方」が高くなっていると思います。

万全の体調で新人大会を迎えて、これまでの努力の成果を発揮できることを、陰ながら応援しております。

さて・・・

少し先の話ですが、9月22日の新人大会が終わると、2学期の中間テストはもう目の前。

そうなんです、10月第1週は中学校で試験があるんです。

さしあたりは、新人大会が控えていますので、つい部活のことだけに思考回路が回ってしまうかもしれませんが、実は中間テストまで1ヶ月を切っていることも意識して過ごしたいところです。

中1生諸君、6月に行われた定期考査では準備は万全でしたか?

初めての定期考査ということで、(かなり多めの)課題があったり、勉強もしなければいけなかったり。すべてが初めての経験だったと思います。

今回は6月の反省を踏まえて、早めに対策を取っていくといいでしょう。

中1生に限らず中2生も、まずは(テスト当日に提出する)学校のワークを今からコツコツこなしていようにしましょうく。

ワークは学校の先生から「今週は何ページまで」と言われるわけではありません。

それでいて、ワークの課題はかなりのページになります。

テスト前の2・3日で終わる量ではありませんので、誰かに言われなくても、自主的にコツコツ進んでいくようにしましょう。

極端に言えば、理科・社会の対策は、このワークだけでも十分です。

できればテストの1週間前までには一通り終わらせる。

その後は、答えを隠して3回ほど復習できればベストです。

これだけで80点以上は確保できます。

暑さもだいぶ和らいできましたので、今月は、部活に勉強に精一杯頑張っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

週1回の通塾で中間・期末50点アップも!
クラス1番の生徒の勉強法とは・・・・



授業風景・勉強方法・公立高校入試情報などを随時更新しています



①弱点を出来るまでやるので、テストでスラスラ解けた! (塩釜二中生)
②毎日の習い事もやめずに、テスト勉強が出来た!(多賀城二中生)
③塾に通ってからは、勉強が楽しくなりました。(塩釜三中生)




学力を上げるコツを、あなたにこっそり教えます。





塾に入る前は、定期テストで300点いけば良かった私が、中2の時塾に入り400点台を取ることができるようになりました。3年生になってからも、その点数を維持することができ、希望していた高校に入ることができました。(仙台高校合格:玉川中生)




大門:生徒たちの指導では、どのようなことを重視されているのでしょうか。

中鉢:「人が人を育てる」をモットーに、子どもたちの自主性を重んじるよう心がけています・・・


【合格実績・高校受験[3年分]】
宮城第一, 仙台高専(情報システム), 宮城野(普), 自衛隊高等工科学校, 多賀城(普), 仙台(普), 仙台工(土木), 利府(スポーツ), 塩釜(普), 塩釜(ビ), 松島(普), 他
会社概要
プライバシー・ポリシー


(株)YST進学研究会
〒985-0835
宮城県多賀城市下馬3丁目2番13号

電 話:022-366-9415
FAX:022-385-5849
[16:00~21:30]
日祝休