センター数Ⅰの落とし穴|データ分析>2次関数

この記事は1分で読めます

センター試験まであと75日。
高3生は、学校の授業もある中で受験勉強をする必要がありますので、何かと大変だと思います。
そこで今日は、数ⅠAの「意外と知られていない落とし穴」についてお伝えしましょう。

大学入試の科目に数ⅠAがある方は少なくないと思います。
数ⅠAで真っ先に思い浮かぶ分野と言えば、多くの場合「2次関数」と「三角比」といったところでしょしょうか。
(受験生によっては、さらに「確率」が加わることでしょう)

でも、センター試験に限定すると、重要度は
【データの分析>2次関数】
となるようです。

――どういうことか。
試しに、過去問でもいいですし、業者の模擬テストでもいいですので、出題分野と配点を確認してみましょう。
すると、以下のようなことがわかります。

第1問(30点満点)
・数と式(10点)
・命題と論証(10点)
・2次関数(10点)
第2問(30点満点)
・三角比(15点)
・データの分析(15点)

つまり、配点という側面からセンター試験・数ⅠAを見ると、2次関数(10点)よりもデータの分析(15点)の方が点数が多いことが分かります。
2次関数よりもデータの分析の方が配点が高い。
ついでに言うと、「命題と論証」と「2次関数」は同じ10点。

特に文系の受験生で数学ⅠAが苦手な人の場合には、注意が必要です。
うっかりすると、数Ⅰの勉強と称して「2次関数」と「三角比」にだけ多くの時間を費やしているかもしれません。

センターの数ⅠAで高得点を取るためには、「データの分析」も「命題と論証」も取りこぼしなく対策を立てていく必要があります。
センター試験まであと75日。

自分の可能性を信じて頑張っていきましょう!

freecall

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 04.28

    無料体験授業

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

週1回の通塾で中間・期末50点アップも!
クラス1番の生徒の勉強法とは・・・・



授業風景・勉強方法・公立高校入試情報などを随時更新しています



①弱点を出来るまでやるので、テストでスラスラ解けた! (塩釜二中生)
②毎日の習い事もやめずに、テスト勉強が出来た!(多賀城二中生)
③塾に通ってからは、勉強が楽しくなりました。(塩釜三中生)




学力を上げるコツを、あなたにこっそり教えます。





塾に入る前は、定期テストで300点いけば良かった私が、中2の時塾に入り400点台を取ることができるようになりました。3年生になってからも、その点数を維持することができ、希望していた高校に入ることができました。(仙台高校合格:玉川中生)




大門:生徒たちの指導では、どのようなことを重視されているのでしょうか。

中鉢:「人が人を育てる」をモットーに、子どもたちの自主性を重んじるよう心がけています・・・


【合格実績・高校受験[3年分]】
宮城第一, 仙台高専(情報システム), 宮城野(普), 自衛隊高等工科学校, 多賀城(普), 仙台(普), 仙台工(土木), 利府(スポーツ), 塩釜(普), 塩釜(ビ), 松島(普), 他
会社概要
プライバシー・ポリシー


(株)YST進学研究会
〒985-0835
宮城県多賀城市下馬3丁目2番13号

電 話:022-366-9415
FAX:022-385-5849
[16:00~21:30]
日祝休